【艦これ】非ガチ勢の16秋E5丙ボス攻略編成メモ

艦これ2016秋イベント 発令!「艦隊作戦第三法」
E-5 渚を越えて 丙攻略編成 ボス攻略編

他人もすなるイベ編成晒しといふものを、ブログ放置人間もしてみんとて、するなり。

艦これイベント編成を攻略でき次第あげることにしてみました。

E-1甲
E-2乙
E-3丙
E-4丙輸送
E-4丙戦力
E-5丙スタート地点ギミック
E-5丙攻略

このブログの攻略編成メモの方針

注意点として、私はイベント後半海域は容赦なく難易度を下げます。

その前提で、後の海域で必要になる艦娘も突っ込んであることがあります。

ということで、少なくとも甲提督のみなさんには全く向いてません

世の中のブログはみんな甲作戦のことばっかり書いてあって、いまいち参考にならぬ。
甲勲章を取りに行くには全体の練度が低い提督方に向け、手堅くイベント完走する編成を上げていけたらなと。

さあ攻略も最終盤。当然ながら丙で突っ込みました。

要点簡易まとめ

詳しいルート固定方法とかは他のサイトに譲るとして、事前収集した情報・攻略要点を並べてみます。

(スタートギミック記事と同一です)

  • E5は甲でのみ新たな御札がつき、出撃制限もこれまでのマップと同様にかかる。
  • 乙と丙では札はつかないので、どこかに出した艦娘も惜しみなく投入可能。
  • 甲・乙でクリア報酬の装備が異なる。が、どちらも海域報酬のサラトガおよびその改で持ってくる装備なので、丙でも装備図鑑的には支障ない。
  • 初期位置からボスに行こうとすると、最短でも空襲戦3回を含む9戦目となり、どこをどう考えてもムリ。
  • そこで本記事のスタートギミックをすることで新たなスタート位置が生み出され、生み出された以降は新たなスタート位置(ボスまで最短4戦)から始まる。
  • 基地航空隊を3つ使用可能、うち2つが出撃可能。
  • ギミックは難易度甲に切り替えたタイミングでリセットされる。甲→乙/甲→丙、乙⇔丙ではギミックはリセットされない。
  • 最終海域だけあり、丙でも相当な準備がないと攻略は不可能。場合によってはE5の攻略を諦める必要がある提督も出てくる可能性がある。

この記事では扱いませんが、スタート位置を変更するギミックの条件はこちら。

  • 全難易度:基地への空襲を制空権確保でかつ被害なしを2回
  • 甲作戦:AマスでSを3回、G・HマスでSを1回ずつ
  • 乙作戦:AマスでSを2回
  • 丙作戦:AマスでSを1回

そして今回の攻略記で触れる、ボス装甲が脆くなるギミックの条件はこちら。

  • 全難易度:基地への空襲を制空権確保でかつ被害なしを、スタート位置変更後にもう4回
  • 甲作戦:FマスでSを3回、PマスでSを2回
  • 乙作戦:FマスでSを2回、PマスでSを2回
  • 丙作戦:FマスでSを1回、PマスでSを2回

攻略編成

本海域には「スタート位置を変更するギミック」「ボスの装甲が脆くなるギミック」「特定艦を連れて行くとボスが脆くなるギミック」の3つのギミックがありますが、そのうち前者は必ずやらないとボス戦ができません。

ということで、この記事では前者をすでに終わらせたものとして、新たなスタート位置からボスを目指す艦隊をぺたぺた。

16秋E5攻略本隊

空母機動部隊

◎第一艦隊

★戦艦
比叡・榛名 ・・・ 主 主 偵 徹甲

やはりいつもの二人。もし威力不足ならIowaとかそのあたりを起用しようかと考えましたが、許容範囲内の試行回数でクリアできたのでよかった。

丙では戦艦はパワーをもっていてほしいので、Iowaなど、金剛型以上の力を持つ艦娘を入れても不都合はないと思います。

あ、低速艦にすると道中のルートが変わるから気をつけてね。
長門はボス特効の指定艦ですが、そういう理由もあり起用せず攻略する上級難易度提督も結構います。

★正規空母(装甲空母)
翔鶴・瑞鶴 ・・・ 艦戦4 艦攻3 彩雲1

私はスタートギミックから搭載機を替えずに攻略しました。
今回は基地航空隊がものすごく大切になるので、私含めあまり艦載機に余裕のない丙提督諸氏は、飛ばせる距離が長い艦載機はまず航空隊に組み込んで、余り物を積ませるとよいのではないでしょうか。

(それすらままならない提督は、残念ながらこの海域は…)

★重巡
Prinz Eugen ・・・ 主 主 偵察機 三式弾
摩耶 ・・・ 5inch連装砲Mk.28mod2 Bofors40mm四連装機関砲 FuMO25レーダー

プリンツの装備はスタートギミックの第二艦隊、摩耶はE4戦力ゲージと同じです。

この中でプリンツはボス特効の指定艦です。ボス旗艦には特に大ダメージを発揮するので、夜戦に期待して第二艦隊に組み込むほうが良さそうな気もします。

摩耶は道中にて2回の空襲マスを通過することになるため、対空安全確保のため選出。

◎第二艦隊

★重巡
青葉・衣笠 ・・・ 主 主 偵察機 電探

スタートギミックの二人をそのままスライド。
ボス旗艦を落としたい夜戦の最大火力。誰かを先のプリンツと交代するのは選択肢としてありだと思います。

★軽巡と雷巡
酒匂 ・・・ 主 主 電探
北上 ・・・ 20.3cm x2 甲標的

酒匂はボス特効指定艦。レベルが多少低くともありえない量のダメージを叩き出し、装甲ギミックを終えた後は酒匂だけでもボス旗艦を落とせるくらいになりました。ほんとだよ。
レベルが低いときは第二艦隊の旗艦に据えると精神的に楽でしょう。

酒匂が全く育ってなければ・いなければ阿武隈にして、北上さんと併せて開幕雷撃要員にしましょう。
事故防止の鍵はいかに砲撃前に頭数を減らすか、です。

★駆逐艦
初霜 ・・・ 高角高射 x2 対空電探
秋月 ・・・ 高角砲 x2 対空電探

防空二人組。照月はお迎えしてません。

先の摩耶と同じ理由です。ちなみに装甲ギミック後には、この二人もボスに対してかなりのダメージを叩き出しました。ギミックえげつない。

支援艦隊

16秋E5攻略支援艦隊

★道中支援(射撃支援)
霧島,Iowa,朝潮,霞,飛龍,蒼龍

めんどかったのでスタートギミックの支援そのまま。

基本的には道中のOマスのために出すようなもの。だいたいの事故はOマスか空襲マスで発生します。

★決戦支援(射撃支援)
陸奥,金剛,夕立,雪風,雲龍,Graf Zeppelin

今回は丙ならラスダンでもボス到達は容易く、また撃破も実はそこまで難しいものではありません。
しかし相手は連合艦隊、第二艦隊を多めに落としておかないとボスはオサラバしてしまいます。
E4と違ってこちらも連合艦隊、本隊の命中率はやや低く、撃ち漏らしてボスが帰宅してしまう危険があるため、やはりターゲットを減らしておきたいところ。

要するにパワーよりも手数。

ちなみにSを取るのはハードルが高く…(後述)

基地航空隊

16秋E5攻略基地航空隊

実はこの海域、基地航空隊がとっっっても大事。

丙では道中は対空さえしっかりしていれば言うほど怖くなく、ボス帰宅率(※夜戦に進めないこと)を軽減したいためボスマスに多めに振っておきたいところ、なのですが…

ボスマスまでは距離11です。残念ながら、秋津洲が持ってくる「二式大艇」が必ず必要です。
大艇ちゃんがあれば、その航空隊のうちの最短の航続距離に+3まで届くようになり、陸攻ならボスに届きます(艦戦は不可)。
大艇ちゃんを持ってない提督諸氏は、攻略は非常に厳しくなりますのでご注意。

うちの鎮守府には大艇ちゃんは1つしかなく(秋津洲を改造したらいいのに…)、仕方なくボス行きは航空隊1つのみ。

第二航空隊の「Catalina」は、16春E6の報酬です。こちらも大艇と似て、航続距離+2の効果があります。
道中のOマスがやや事故がちマスなので送っておきたいと思い、この編成に。

ちなみに上位難易度では防空を2つおくことも多いですが、丙は(局戦が揃ってれば)1航空隊のみの防空で事足ります。

あ、装甲ギミック解除で4回無傷をこなすときはギミック記事の航空隊の組み方を参考にしてくださいね。

攻略記

攻略ルートは2KNOPT。
最初から装甲ギミックに手を付けていたのでじわじわと削っていき、総出撃数は11回、うち大破撤退1回、残りはA勝利でした。

装甲ギミック

装甲ギミックの条件は先述の通り。 防空はスタートギミックと別途4回しなければならないので注意。

FマスはAマスのすぐ近くにありますが、スタート地点が移動した後に水上打撃部隊で向かうほうが敵が弱くていいと思います。

メンバーは第一艦隊は据え置き、第二艦隊が阿武隈,北上,青葉,衣笠,島風,電でした。
この程度の編成でも全く無事故でFマスに向かうことができ、そしてそのFマスも要するにただの補給艦マスなので、我々連合艦隊にとって大した相手ではありません。着けばS勝利は確実。
(なのでFに行くときは補給艦系任務を忘れずに受けておきましょう 必ず3~4隻登場します)

その後、PマスでのS勝利を目指して、Pマスに基地航空隊を集結、こちらも対空編成全開で臨みましょう。
Pマスはボスへの経路上、というかボスの1つ前のマスです。なので来たついでにボスをちょっと殴って帰るのもアリ。

装甲ギミックを解除すると、
ボスのイラストが変わり(分かりやすいのは青白い色の部分、頭の上から手元(装備?)部分に3つほどに変更されます)、
ボスのセリフが変わります(出だしが「コンナ…トコロマデ…」→「バカナコトダ…」)。
ちゃんと母港帰投時に任務達成SEがピローンと鳴りますが、Pマスついでにボスを殴りに行ったらまず上の2つでギミックを達成していることに気づくでしょう。

ボスへ

ということで丙提督、特効艦と装甲ギミックを兼用して攻略を進めました。

特効艦はPrinz Eugen、酒匂、長門、Saratoga。うちSaratogaはこの海域の報酬艦なので、攻略時は前の3隻になります。
この3隻によるボス旗艦へのダメージが非常に大きく上乗せされます(昼戦における攻撃力上限値(キャップ値)からさらに引き上げられる)。

さらに装甲ギミックでボス旗艦が柔らかくなるので、レベルが少々低い酒匂でも夜戦連撃で合計700ダメージを叩き出します。つおい。

そういうことでボスに到達すれば確実にゲージは削れ、また特効艦のおかげでボス旗艦の撃破も容易です。E4と比べ物にならないくらい容易。

掘り

ただし、掘りをしようとS勝利を目指すと、これが大変。

おそらく丙提督にとっての一番の障壁は駆逐古姫。敵の随伴艦隊の真ん中らへん、HPが3桁あるやつ。

随伴艦隊の残り5隻を落として本隊との夜戦権を獲得したとしても、昼の間に古姫が落とせずにA勝利 ってことはもう日常茶飯事。
夜戦で本隊が片付いたので12隻中唯一の生き残りになるのだっていつものこと。

幸い、朝風はボスマスA勝利でもドロップが報告されています。たぶん古姫取り逃し事故への配慮なんじゃないかな。
昼戦終了時で敵の本隊・随伴ともに生き残った船がいる時点でS勝利はありえないので、昼で諦めて帰ってくるほうがバケツの節約になりそう。

こんな感じでカンタン(≒雑)にメモだけして、非ガチ勢提督は去ります。
イベントお疲れ様でした。

「【艦これ】非ガチ勢の16秋E5丙ボス攻略編成メモ」への1件のフィードバック

コメントを残す