【艦これ】非ガチ勢の17秋イベ編成メモ E1・E2編

いつものお約束

  • 非ガチ勢向けです、甲クリアなんてとんでもない
  • 「資源がカンストするぐらいあって」「戦力もほどよいぐらいあって」「でも甲クリアなんてとんでもない」非ガチ勢向けです。
  • したがって、無駄に資源を多く使うことがあったり、無駄に戦力をつぎ込みすぎたりしていることもあります。
  • 逆に装備とかシナジーとか何も分かってないので無駄に苦労していることもあります。
  • そのへん自己解決できる人は、ここに書いてある以上のスピードでクリアできるはず。
  • ここに書いてある装備より多少ダウングレードしてもクリアできるはず。
  • おやつは300円までです。

E1 – 乙

ルート図

備考:下側(Kマス)は行き止まりではないものの、踏むだけで可です。
Kマスの空襲で大破したり面倒だったりしたら、空襲戦が終わり次第帰宅しても大丈夫。

補足:Jから新ルートへ分岐する条件は、軽巡1以上かつ駆逐2以上。
加えて乙のみ「史実艦を2隻以上含む」。丙は史実艦ゼロでも可。史実艦は後述。

時間ない提督向け:上側の資源マス(Pマス)に先に到達してから、下側(Oマス)に到達すると、その足でそのままボスへ突っ込めます。
ただしOマスを踏むまでボスマスは出現してないので、初回のみ基地航空隊はボスには出せません。

備考:甲作戦のみ、ボスマス出現にもう一つ「Eマスで制空権確保(航空優勢?)」みたいな条件があるようですが、乙丙には無いです。

攻略編成

史実艦:【重巡】那智・足柄 【軽巡】阿武隈 【駆逐】曙・潮・霞・不知火
乙作戦の場合はこの中から2隻以上が必要。丙はゼロでも可。
加えて、全作戦共通で軽巡1・駆逐2が必要。

  • 先制対潜艦が2~3隻いると安心です。
    今イベから支援艦隊が対潜支援(後述)できるようになったので、その力も借りるとかなりラク。
  • 最初は不知火と霞にも対潜ガン積みしてましたが、ギミック1で索敵不足で逸れたので、半端に電探持たせてみました。これなら大丈夫。
  • ボスには潜水艦はいないものの、どうやら史実艦には夜戦でボス特効があるのか、駆逐ズもすげえ威力を出してたので心配は要らないようです。

支援と基地航空隊

道中支援:対潜支援(軽空4駆2)
決戦支援:砲撃支援(戦3航1駆2)

細かい説明は他に譲る(というか現在検証中らしい)として、カンタンにまとめると、

  • 対潜支援が新登場。敵に潜水艦が1隻以上いないと発動しない。一番スタンダードな組み方が軽空母4駆逐2。
  • 対潜支援は純粋に対潜値を見てるのか、とりあえず対潜が強い艦攻とか積んでったらいいカンジ。駆逐にも一応対潜装備(効果があるのかどうかは検証中らしい)。
  • 対潜支援は、もし敵に潜水艦がいない編成の場合、航空支援が可能なら航空支援を行う。今回の編成では航空支援が可能(空母系が2隻以上かつ水上艦へ攻撃可能な航空機を搭載している)なので、航空支援を行う。

  • 砲撃支援の発動条件が変更。というか航空支援の発動条件が緩くなり、優先度も上がった。

  • したがって、これからのスタンダードな組み方は「戦3航1駆2」となった。もちろん重巡とかを代わりに入れてもいい。
  • 今までの戦2航2駆2は航空支援になる(空母系が2隻以上かつ水上艦へ攻撃可能な航空機を搭載しているため)。

E1のくせに基地航空隊が使用可能。とりあえずボスは軽空母が2~3いるので、制空の足しにしてみました。
陸攻ガン積みでドーンでもいいかもしれない。
ボスへは行動半径8必要です。

E2 – 乙

この海域での注意点

  • 第3艦隊(編成メニューから1,2,3,4の4艦隊編成できるうちの3番目のこと)に7隻編成可能。
    E2とE4で7隻編成出撃に対応しています。別に6隻でも行けなくはないけど、せっかく7隻使えるので7隻使いましょう。
  • 特に第1艦隊での誤出撃に要注意。この海域は正規空母・装甲空母は出撃不可なので、攻略中は第1艦隊に正規・装甲空母を入れておくと安全。

ギミック

丙では右上の空襲マスでの航空優勢は不要。左側のS勝利のみ。
甲はもう1つ条件があるらしいけどシラナイ

なお、軽空母・潜水艦を含むと最初の潜4のマスから下側へ分岐する。

右上空襲マスでの航空優勢をとる攻略編成。1~6はE1と同じ、7番艦にあきつ丸を編成。
空襲マスへ行くには空母系は編成不可。
したがって、あきつ丸、速吸改(一部の艦攻で対空値があるもの)、その他水戦が積める艦娘(航戦・航巡・イタリア巡洋艦等)が必要になります。
(※伊勢・日向・扶桑・山城・最上は今後ルート固定に必要になるっぽいので、E3以降を乙以上でいく提督は要注意)

左側のS勝利は、上の編成でも行けるかもしれませんが、念のために一旦戻って7番艦に戦艦(嫁)を入れて出直しました。
装備は変更なし。

基地航空隊は右上の空襲マスへ集中。

スクショはありませんが、道中支援に対潜支援を出すといい感じ。

掘り 兼 攻略

初手空襲マスの次の分岐条件:

  • 高速統一で、史実艦を(甲4乙3丙2)隻以上含み、戦も軽空も含まず、(駆3以上 または 軽巡1以上+駆2) = Lマス(一番左)
  • 高速統一で、史実艦を(甲3乙2丙1)隻以上含み、戦2以下かつ、軽空1以下かつ、駆2以上 = Kマス(中央、上の図のルート)
  • それ以外はIマス(一番右)

誠に遺憾ながら、対馬掘りにて沼ったため、これがうちの攻略編成になります。
ボスSを21回、Aを4回。その次のボスSでようやくドロップ。
その頃にはゲージが残り26で、編成変えずにこのまま行くのがラクと判断しました。
おかしいなあ、対馬は泥率6%とか聞いたんだけど…。

ということで、もっとTPゴリゴリ減らす編成はよそのサイトを見てね!

ご覧の編成ではボスSでTP12、Aで8減ります。

詳しい出撃統計をとるのを忘れましたが、8割方ボスに着けたので、まあまあ安定してる編成なんじゃないでしょうか。

とはいえ2割ぐらいは大破撤退、一番事故るのが「事故マス」と書いておいたLマスです。
対馬出なさすぎてイライラしてきたので、20周目ぐらいから
そこのためだけに道中支援、せっかくだし決戦支援も出しました。
特に何も考えず、どちらもただの砲撃支援です。

基地航空隊は陸戦1陸攻3のスタンダード編成で、ボス集中。必要半径は5です。

ただし事故りやすいLマスは、「この出撃でボスSとれたらゲージが割れる」状態、いわゆるラスダンになると最終形態となり、事故率が格段に上がります。
そのため、最終形態になったらLマス集中に切り替えるとよいでしょう。
平時からあまりにLマスで事故るなら(ボスAになる可能性が高いですが)Lマス集中でもいいのかもしれません。


E3編へ続く。

コメントを残す