【艦これ】非ガチ勢の17春E5丙 攻略編成メモ(弱体化ギミック・両ゲージ)

前イベでわかったこと:いちいち記事書くのめんどい

今回で変えたこと:記事の内容を相当簡略化しました。

読む上での前提:がんばれば甲クリアもいけるんだろうけど、あえて手を抜く提督なので、艦隊の練度はそこそこあるのでゴメンネ。

E5の攻略記事です。
丙作戦で突っ込みます。これだけ時間があれば余裕っしょ、と慢心している提督はこちらです。
できたところまで順番に書いていくことにします。

ちなみに、丙提督のみなさん、今マップは前代未聞の「赤ゲージ2本」です。

E1乙
E2丙
E3輸送前ギミック
E3丙
E4丙
E5丙

ボス弱体化ギミック

ルート図

E5にはボス弱体化ギミックがあるようです。
上記3マスすべてでS勝利をすると、ボスが(2体とも)弱体化するらしいです。
乙・甲の場合はさらに敵空襲(基地航空隊が防空で対抗するやつ)無被害を1回、とのこと。

さくっと終わるので、さくっとやっちゃうことをオススメします。

特に編成メモは用意してませんが、注意事項としてはこんなかんじ。丙作戦の前提です。

  • 水上反撃部隊か空母機動部隊かでスタート地点が変わります。水上で上、機動で下スタート。
  • 一番上のCマスは水上反撃部隊で到達します。潜水艦とのバトルを挟んだ2戦目になります。
  • 水上反撃部隊の仕様を最大限活かし、先制爆雷を投げられる艦を第二艦隊に集めます。3隻先制爆雷艦がいれば初戦は無傷でいけます。
  • 水上反撃部隊の仕様を最大限活かし、第一艦隊は対空装備マシマシにします。特に艦戦マシマシな軽空母を2隻置きます。なぜかといえば、空襲マスでは第一艦隊で制空権争いするから。
    余った枠には対空カットイン艦あたりを置いときましょう。
  • 下2つのマスは、どちらも能動分岐を挟んだ1戦目。空母機動部隊で、そのままボスに乗り込んでやる編成で突っ込めば、Sを取り逃がす心配はいりません。
  • いずれも、基地航空隊・支援艦隊は一切不要です。

こんな感じで。ギミック解除したあと、母港に帰投すると、いつものギミック解除音(=任務で「達成!」をクリックした時の音)がします。

赤ゲージ1本目

ルート図

いよいよ攻略。戦力ゲージ2本体制は艦これ史上初です。

ボスマスはR。空母機動部隊での出撃を推奨します。
また最初の能動分岐は下側。上を選ぶと、潜水艦マスが控えているのでコワイ。

とはいえ、下は下で、敵に戦艦x3を含む驚異的なマスがあるのが悩みどころ。
あまりにここで大破を繰り返すようなら、上を選ぶ手もあるのかもしれません。わたしは下でいきました。

また、図ではL(空襲マス)→R(ボス)に直進しています。
史実の第五艦隊を複数含めば進むようですが、低難易度限定(丙のみ?)のようです。
高難易度なのにここを参考にしようとしている提督はご注意ください。ここは丙提督の部屋です(?)。

攻略編成

空母機動部隊です。
史実艦はたぶん、阿武隈・木曽・ヴェールヌイ・那智。
4隻も必要なのかどうかとか、そのへんは分かりません。

この海域は出撃しても札がつかないため、あとで堀りに戻るときに使う艦娘もつぎ込めます。

(比叡は嫁枠として)第一艦隊は戦2空4で、できるだけ強い艦娘でガンガン攻めていく形にしましょう。脳筋。
この編成では司令部施設は不要でしたが、練度によっては考慮に入れてもいいかもしれません。

第二艦隊は先制雷撃できる阿武隈改二・木曽改二は入れておくとよいでしょう。阿武隈は軽巡枠として、木曽は雷巡枠として組み込みます。
軽巡は2隻以上含むことができないため注意しましょう。また軽1駆2は必須です。
ポイントとしては対空カットインによって空襲マスの回避率を上げること、高速戦艦を1隻入れることで火力を増すことです。

一番のネックになるのは戦艦が3隻いるマスである、Gマス。
空母機動部隊はまず第二艦隊から砲撃戦を開始するため、敵戦艦3隻がピンピンしてたら、重巡ですら一発でドカンです。
先制雷撃&高速戦艦による一撃で、できるだけ戦艦を減らすチャンスを増やすことが得策です。
もちろん第一艦隊の空母による航空戦も忘れずに。

ちなみにボスですが、この戦艦x3に比べたら屁でもないです。

支援艦隊

道中支援のみ起用。
(「ゲージ1のボスは道中扱いだからドロップがないことがある」という事実は確認しましたが、決戦支援艦隊はどうなるのかは…未検証ですごめんなさい)

なんといっても戦艦x3のGマスのために出しているといっても過言ではないです。
丙提督における一番の鬼門を抜けるためにも、ぜひ全力で攻撃したいところです。

基地航空隊

基地航空隊はこんな感じ。
3航空隊とも出撃可能ですが、1つは防空に回すとよいでしょう。

配分としては、ボスに1隊、Gに1隊。
Gが安定して回避できるなら両方ボスに集中させてもよいですが、上の第一航空隊だけでもボスを壊滅させられます。

こんな感じで。

赤ゲージ2本目

ルート図

こちらも空母機動部隊で攻略しました。
水上反撃部隊でもボス到達可能で、上のスタート地点からB→Cと辿り、機動部隊・上ルートに合流します。
このルートなら、燃料・弾薬ともペナルティ(低下による回避率・攻撃力低下の補正)は同じぐらいと見て構いません。

水上反撃部隊ではFマス(「空母ヲ改flag・戦タflag」と書いてあるマス)での制空権が怪しくなりがち。軽空母2人に載せる艦戦の数はしっかり考えましょう。
ここで制空権喪失になると一方的にボコられます。

2つめの能動分岐は上を選びました。戦タflagが2人いるので事故りえます。
が、下を選ぶと今度は戦艦棲姫(通称ダイソン)が控えています。どっちのほうを脅威に感じるかは提督次第。たぶん上のほうがブナン。

攻略編成

ゲージ1と全く同一のメンバーでした。
護衛退避するとボスSが狙いにくくなるため、司令部施設は積みませんでした。
削りの段階では十分に考慮に入ります。

支援艦隊

決戦・道中とも使用。
道中支援は事故防止。決戦支援はボスSをとるために。

…という程度のものなので、うちよりもパワーがある艦隊を用意できる鎮守府は、なくてもバケツで殴れば突破できるかもしれません。

基地航空隊

基地航空隊は2隊がボス集中、残り1つは防空。
ゲージ1と違って第一航空隊の艦戦は行動半径の都合上載せ替えていますが、それだけの違いです。

ボスでは第一艦隊にはややダメージが通りにくく、随伴の第二艦隊を蹴散らす役目が強いです。
陸攻は旗艦に刺さればいい感じのダメージになるらしいですが…一度も当たらなかったような…。


以上、2017春イベントのなんとなーくの攻略情報でした。
駆け込み提督のお役に立てば。

コメントを残す