【艦これ】非ガチ勢の18冬イベ編成メモ E4丙

いつものお約束

  • この記事は、非ガチ勢提督が非ガチ勢提督に向けて書いたものです。
    • 頑張れば甲作戦でクリアできる程度の戦力を持つ
    • でも面倒なので甲はヤダ
    • でも遠征回しまくってるから資材はいっぱいある
    • でも装備のシナジーとかそのへん全然分からない
  • こんなぐらいの非ガチ勢向けの記事です。
  • 編成メモとカンタンな攻略情報を書きますが、新たな情報が発見されることもあるので、攻略情報は話半分に見てください。
  • お砂糖は固めないとおやつに入りません。

E4です!

このマップ、丙でも全力艦隊で乗り込むことをオススメします。
特にボス前での排除率が高く、基地航空隊・支援艦隊の力を借りる必要があります。

これまでのイベントの最終海域を(丙で)クリアできるレベルの提督なら、
それより一回りカンタンな感じの海域なので、多少苦労してでも丙突破は可能です。

ただこれまでの最終海域を丙ででも歯が立たない提督は、
この海域は丁で行ったほうがよいかもしれません…(丁でも相当な準備が必要です)。

とりあえず、うちは丙作戦でした! 丙での攻略記録です。

マップ仕様

マップ仕様

  • 通常艦隊(6隻艦隊)または遊撃部隊(7隻艦隊)または連合艦隊で出撃
  • 札は黄色の西村艦隊と、緑色の栗田艦隊
  • 基地航空隊:出撃可:2小隊
  • 新規実装艦の「大東」「Jervis(ジャーヴィス)」がボスマスにてドロップ
    ドロップ率はどちらも5%弱(丙も丁もそのくらい)
  • 新規実装艦の「Gambier Bay(ガンビア・ベイ)」が海域クリア報酬

ボスマス出現ギミック

最初はボスマスが無いので、出現させる必要があります。

攻略は上スタートから出撃しますが、ギミックだけは下スタートを使うことになります。

ギミック:丙

  • Nマス(下ルートの突き当り)到達

編成

まさかの潜水艦6。

E3では「強制敗北が許容できるなら~」と書きましたが、こっちは大丈夫。
「多少リトライしないといけないかもしれないけど、それでもよければ」という感じ。

ルート

  • 通常艦隊または遊撃部隊で下スタート
  • C: 空襲戦
  • F: 軽2駆2潜1
  • H: 駆2・PT子鬼3
  • 潜水艦がいるとJ?
  • J: 空襲戦
  • K: 戦闘なし
  • M: 夜戦 PT子鬼4
  • N: 夜戦 戦4重0~2駆0~2 (目的地、勝敗関係なし)

(潜水艦隊なので空襲戦の編成は省略)

道中で攻撃を受ける可能性のあるマスはF・H・Mです。

F・Hはそれぞれに基地航空隊を出して援護してもらいましょう。
基地航空隊の援護+潜水艦6隻の先制雷撃で、水上艦はだいたい落とせるといいですね!
(結局はお祈り)

Mマスは夜戦です。基地航空隊を出しても来ません。
完全に運なので、お祈りしましょう。中破は無傷。Nマスに着けばいいのです。

【補足】丁の場合、条件が「Mマスに到達」に変わります。
つまりF・Hで事故がなければ、それほどお祈りせずとも夜戦マス1つ目のMに着けます。ギミックはラクですね。

基地航空隊

そんな基地航空隊はこちら。
行動半径3あればF・Hとも到達できます。つまりほとんど誰でも到達可。
相手も強力な船というわけではないので、適当に積んでいけばいいと思います。露払いです。

掘りについて

さてこの海域では、ボスドロップでのみ出現する新規実装艦が2隻います。
つまり掘りをすることになりますが(無視したり攻略中に揃ったら別ですが)、この海域は連合艦隊なのもありますし、道中に厳しいマスが存在するため、周回はカンタンではありません。

ということで、このブログの想定する読者層の中では、次の選択肢が現れます。

  1. 丙で掘って、丙で攻略する
  2. 丁で掘って、丙で攻略する
  3. 丁で掘って、丁で攻略する

自分は1のパターンをとりました。
1および3は、ゲージが割れた後も掘り続けられるので、時間に追われたとしても、他海域の攻略を済ませてから戻ってこれます。
また海域クリア報酬のガンビア・ベイを取り逃がさないのもいいですね。

問題は2のパターン。周回難易度は確かに丁のほうがまだマシなのですが、ゲージリセットの度にギミックをしなければなりません。
加えてそれ以上に、「出なければ進めない」ということになります。

自分は、ひとまず数回は丙で掘ってみる(ゲージを削ってみる)のをオススメします。
もしそれで、どうしても道中大破してしまう!とか、ボスが安定しない!とかに気づいた場合、まずは装備と編成を見直します。
これ以上装備も編成もアップグレードできない(あるいは大型艦のコストがかかりすぎる)!という時、丁作戦を考えてみるとよいでしょう。

攻略を丙にするか丁にするかは、報酬に旨味を感じるかどうかです。
丙の突破報酬は主砲1つと勲章1つ。
主砲のほうはE5の突破報酬(全難易度共通)になっています。
たしかに勲章は欲しいですが、でも海域の難易度を鑑みると……

という感じで、各提督にお任せします。
ひとつの目安は、道中大破率です。

ボス攻略(兼:堀り)

編成

史実の栗田艦隊

戦艦:大和、武蔵、長門、金剛、榛名
重巡系:愛宕、高雄、摩耶、鳥海、妙高、羽黒、利根、筑摩
航巡系:熊野、鈴谷
軽巡:能代、矢矧
駆逐:島風、早霜、藤波、沖波、長波、浦風、磯風、浜風、雪風、野分、清霜

改装して艦種が変わる艦娘(とねちく・すずくま)も、艦種が変わった後でも史実に含む。

丙では史実艦4隻以上で最短ルートを通ります。
丁では史実艦ゼロでも構いません。
各難易度とも、史実艦はボスへの特効があるようです。

どの難易度でも共通して、戦力の出し惜しみはしないほうがよいでしょう。

ボス1つ前には、最終海域さながらの第一艦隊戦艦6という頭おかしい艦隊が控えています。道中事故の9割はここです。
とりあえずここを超えないとボスに着けないので、こちらも第一艦隊は軽空母を2人にして、艦攻での攻撃の手数を増やすのが得策ではないかなと思います。

同じ理由で、狙われても耐える可能性を上げるため、戦艦4を組み込みました。
戦艦4のうち数隻を重巡にして行くのも手ではありますが、おそらく道中大破率は上がります。
もし資源が有り余ってる提督なら、出し惜しみをしないほうがよいでしょう。

場合によっては、長門や武蔵といったクラスを起用するのも、考慮しないといけないかもしれません…

第二艦隊は、先制雷撃の手数を増やしておくとよいでしょう。
軽巡枠には阿武隈、さらに雷巡を1隻ぐらい。
加えて、ボスでの夜戦に起用されるため、史実艦を入れて特効を狙うとよいでしょう。
友軍艦隊(後述)の場合によりますが、カットイン雪風もキーになることもあります。堀り中に数回ありました。

あ、そうそう、探照灯は装備しないのは徹底してください。
ボス旗艦は、夜戦時、「こちらが探照灯を発動した場合」(かつ中破以下の時)だけ攻撃してきます。
逆に言えば探照灯を持っていかなければ、ボス旗艦は夜戦時は棒立ちです。生き残った随伴艦は撃ってくるけど。
(友軍艦隊(後述)が探照灯を持っていることがありますが、自艦隊が持っていなければ自艦隊に攻撃が向くことはありません)

ちなみに火力重視で積んでいませんでしたが、司令部施設は好みで積んでいいと思います。
丙・丁では史実艦不足でそれることもありませんし、ボス火力も決戦支援・第二艦隊の重巡級&カットイン艦任せになります。

ルート

(当然ですが、丙の分岐条件です)

  • 連合艦隊で上スタート
  • A:潜3~4
  • B:戦闘なし
  • 機動部隊でD経由に ・ 低速艦3隻以下でE
  • E: 空襲戦 空母1軽母2軽1駆2
  • 機動部隊でG経由に ・ 史実の栗田艦隊が4隻以上でI
  • I: 空襲戦 軽母3~4・駆2~3
  • L:戦闘なし
  • O:軽母3~4・駆2~3
  • Q:軽母3~4・駆2~3
  • 機動部隊でT経由に ・ 潜水がいるとP ・ 史実の栗田艦隊が3隻以上でS
  • S:能動分岐
  • R: 連合艦隊 戦艦ル級elite4・戦艦ル級2 / 軽2駆4 (ラスダン時はル級elite6に)
  • X(ボス): 連合艦隊 護衛棲水姫・輸送3・戦艦ル級elite2 / 重1駆5 (ラスダン時はル級がflagshipに)

Aは特に対潜装備をすることもなく(正確には「そんな余裕はない」)対潜陣で臨みましょう。事故ったら運がないです。

E・Iは2連続で空襲戦。対空カットイン要員を1~2人、あと充分に艦戦を積んでおけば、ここも「大破したら運がない」レベルまで事故を軽減できます。

続くO・Qは2連続で通常戦。ここも十分に艦戦と、おまけに艦攻を積んでいる軽空母がいれば、「大破はそれほどない」レベルまで事故を軽減できます。

その次のSの能動分岐は左下を選びます。
右上は行っても特にギミックはありません。謎の能動分岐です。
史実のレイテ海戦において、栗田艦隊は命令であった敵上陸部隊殲滅に向かうことなく、少し手前で引き返します(「謎の反転」と呼ばれる)。これの再現ではないか説があるようです。

一番の問題マスがRマス。道中大破の9割はここです。9割5分ぐらいかな。
第一艦隊が戦艦6というキ○ガイ艦隊で、第一艦隊が健在である限り、こちらは大和武蔵レベルでない限りワンパンでお釈迦です。
(ご丁寧に、丁作戦にしても戦艦6。やばい。)
ここのために道中支援を出すのも十分考慮に入りますし、基地航空隊はここに集中させることが基本になります。
砲撃戦1巡目が始まる前に、いかに戦艦を中破以上に持ち込むかが勝負の分かれ目です。
小破未満の相手に攻撃させたら、かなりの確率で大破します。

ボスマスでは、自艦隊(特に第一艦隊)は弾薬不足による攻撃力低下&燃料不足による回避力低下によって中大破祭りになります。
決戦支援で頭数を減らし、第一艦隊が生存のうちに頭数を減らし、第二艦隊であらかた片付ける。
昼戦終了時点で旗艦含めて2~3艦残すところまで持っていくといい感じ。
あとは夜戦で友軍艦隊(下記)と第二艦隊にやっつけてもらいましょう。

ちなみにラスダンだからといって特別気をつけることはないです。敵は少し強化されますが、それでも「自宅発が遅れたけどバスも遅れてたので予定どおりの便に乗れた」程度の運でいけます。丙ならば。

友軍艦隊

新要素です!

ボスマスで夜戦に突入する時に例外なく、NPCの味方艦隊がやってきます。
判定順序は、「夜戦突入ボタンを押す」「友軍艦隊と敵艦隊の交戦」「敵の第一・第二艦隊離脱判定」「味方第二艦隊と敵との夜戦」です。
昼戦終了時に第二艦隊が沢山残ってても、友軍艦隊次第では第一艦隊と交戦できるということ。

「英国艦隊」「西村艦隊」「挺身部隊」など複数パターンがあります。
いちばん仕事をするのは時雨・山城・扶桑をはじめとする西村艦隊、次いで比叡・霧島をはじめとする挺身部隊とされています。

ただし、「その友軍艦隊の構成艦が自分の第一・第二艦隊に含まれると、その友軍艦隊は選ばれない」というルールがあるそうです。
今回の編成例でいけば、自艦隊に比叡・雪風がいるため、挺身部隊は来ません。
自艦隊の旗艦に比叡さんがいるのになんで友軍にも比叡さんがいるのか、って話ですね。
もしそのあたりも気にするなら、Wikiの記載等を参考に組んでみましょう。

支援艦隊

今回は決戦支援のみ起用しました。(道中支援組んでキラつけるの面倒だったから…)
決戦支援が来ないと、なかなか厳しい戦いを強いられます。

基地航空隊

ボス到達率の決め手は基地航空隊。
ボス前マスに集中させるのが原則。ラスダン時もそのままでいいと思います。
手数を増やして、第一艦隊を削りましょう。
ちなみに行動半径4必要です。


攻略自体は先週ぐらいにできてたのですが、掘りが進まず…
結局ジャーヴィスは掘れましたが、大東は出ないまま先を急ぐことに。

そしてその「先」の話ですが、報酬と難易度(と時間)の関係から、E5以降は丁を念頭に置くことにしました。
ここに丁提督爆誕です。

コメントを残す