目にとまったWordPressプラグインのメモ

このブログの方向性を見失ってはや3年。
ひとまず備忘録的なところから始めてみることにします。

WordPressでブログを書き始めて3年。同時に方向性を見失ったわけだけど。
その間に色々見て回って試して、入れると便利なWordpressプラグインをまとめています。
色んな理由から今入ってないプラグインも多いですが、そこは各ユーザーごとに合わせていく感じで。

「なんかいいプラグインないかなー」と探している人のためになればいいなぁ

何か新しく入れたりしたら、適宜更新するかもしれません。忘れるかもしれません。


Akismet

Akismet

言わずと知れたスパムコメント対策プラグイン。
無料のAPIキーを取得してセットしておくだけで、あら不思議スパムコメがみんな弾かれます。

ごくごく稀に冤罪で弾かれるコメントもあるので、思い出した時にでもスパムコメントをチェック。

Broken Link Checker

記事内に張られたリンクを巡回して、リンク切れを検知してくれるプラグイン。

インストールすると、 ツール→リンクエラーをチェック にリンク切れと思しきものを集めてくれます。
リンク切れに対しては「URLを編集する」「同一リンクを全ての記事から解除する」「無視する」といった指示を出せるもの。

設定画面は日本語に対応していなくもないし、何より数千の(過去の忘れたい)記事を抱えているブログには必須ともいえます。

CKEditor for WordPress

いわゆるビジュアルエディタ。デフォルトのビジュアルエディタはかなり機能不足なので、これに限らず何かしらのビジュアルエディタプラグインを入れておくことをおすすめします。

Easy FancyBox

入れておくだけで、jQueryライブラリのFancyBoxを自動適用してくれるプラグイン。

入れておくとなんだか一気に今時のブログっぽくなります。

Jetpack by WordPress.com

WordPress.comにて提供されている細々としたプラグインをまとめてドンと提供するものです。

WordPress.comは、WordPressを自分のサーバー環境なしに作ったり、サーバー環境に置いたWordPressを統合管理したりできるサイトです。もちろん公式。

非常に役立つものが多いのですが、なにせプラグイン群のプラグイン。
全部書くと大変なので、現時点で有効にしているものの一部を挙げてみます。

Comments

Jetpack Comments

コメント欄に一工夫をして、SNSでログインして名前・URLに替えるプラグイン。

ここではTwitter・Facebook・Google+アカウントでログインしてコメントを残すことができます。
日本のインターネッツは匿名文化と言いますが(事実、自分も匿名の恩恵を享受しまくってますが)、
こういう程度の結びつきがあるほうがコミュニケーションも取りやすいと思うのです。
たぶん。

Markdown

Jetpack Markdown

投稿ページとコメント欄でMarkdown記法を使えるようにします。
Markdownは軽量マークアップ言語の一つ(Wikipedia記法とかはてな記法とかと同類)で、GithubとかQiitaとかエンジニアが集うサイトで広く使われているものです。

主にプログラムを書いたりする人が「いちいちマウスに手をやるのがめんどい」と考えて
ビジュアルエディタを捨て去って乗り換えるもの、という印象(偏見)なので初心者にはとっつき難いと思います。
ただMarkdownに慣れてる人にはもう素晴らしい機能。ちなみにMarkdownExtraに対応しています。

Sharing

Jetpack Sharing

Twitterとかへの投稿ボタンを記事の末端に表示してくれるプラグイン。
何を表示するかをカスタマイズできるので便利です。執筆時点ではSSの4つをオンにしていますが、後々変えるかもしれません。

Jetpackについてはここまで。

Maintenance Mode

同名のプラグインは複数ありますが、だいたい機能は一緒のようです。
自分以外の来訪者には「メンテナンスしてるお」という画面を表示してブログへのアクセスをブロック。
自分はアクセスできるようにして、ウラでサイトをリニューアルしたりできるプラグインです。

新しいテーマを導入したいけど見た目が崩れてしまったらどうしよう!などに役立つものです。
もっとも、このブログのように来訪者が滅多にいない場合はそんなに気にしなくてもいいのかもしれませんが…。

Redirection

特定のURLにアクセスされたらリダイレクトを行うプラグイン。

たとえば、 http://www.pokete.com/redirect/g にアクセスすると、Googleに飛びます。これはRedirectionプラグインで飛ばしてます。

そのアドレスをクリックされた回数とかのチェックもできるので、上手く使えば上手く使えそうです。

Simple Tags

タグ機能(「タグクラウド」とかのタグ、ね)を高性能にしてくれるプラグイン。
WordPressデフォルトだと涙目になるぐらいタグ機能が貧相なのですが、これによって直感的にタグ操作ができます。

設定が中途半端ながら日本語化されているので、ググりながらでも触りやすいです。

Simple Tweet

SimpleTweet

記事を書いたらTwitterに自動投稿してくれるプラグイン。

Jetpackにも似たような機能がありますが、こちらはツイートする文面を自由にいじれるので重宝しています。

SyntaxHighlighter Evolved

プログラミング言語のソースコードを見やすくハイライトしてくれるプラグイン。

SyntaxHighlighterはソースコードを見やすくするJSプラグインとして超有名なので、おそらく見たことがあるのでは。
それのWordPress版として、ショートコードでカンタンに使えるようになっているものです。

<?php
echo ″みやすいね″;
?>
class ThisIsJava{
  public static void main(String[] args){
    System.out.println("おもろいね");
    String str = "べんりだね"; // すごいね
  }
}

Table of Contents Plus

TableofContents

この記事の冒頭にあった「目次」を自動生成して埋め込んでくれるプラグインです。
機能こそ単純ですが、ブログには必須ではないでしょうか。

WordPress インポートツール

WordPress.orgの純正プラグイン。
本体のエクスポート機能で出力したデータを復元するプラグインです。
悪用防止のためなのか、本体機能から切り離されて提供されています。

使うことは稀ですし悪用されると非常にヤバい代物なので、使わない時はプラグインを無効にしておきましょう。

WP Multibyte Patch

日本語版WordPressパッケージに同梱されている準公式プラグイン。
海の外で作られたアプリケーションの宿命、マルチバイト文字である日本語で生じる不都合を解決するためのプラグインです。

たとえば「単語数」なんて日本語では無意味なので「文字数」になるよう調整されたり、検索時に全角スペースを区切り文字として反応させたり…。
縁の下の力持ちどころか、日本人にとっては地盤レベルの大事なプラグインです。


こんな感じで勘弁してください(´Д` )
プログラマのプの字も憚られるレベルの戯言ブログです。何か気になるプラグインがあったらググってみるとより安全。

コメントを残す